老けて見られる最大の原因「ほうれい線」のケアはどうする?

smilelines-main

ほうれい線が目立ってくると年齢よりも老けて見られることが多くなってくるので、特に女性は気にする人が増えてくるでしょう。たかがほうれい線で悩むなんておかしいと思う人もいますが、しわの深さによっては本当に老け顔になってしまうので辛い思いをしている人が実際にたくさんいます。

では、ほうれい線はどうしてできてしまうのか?そしてほうれい線を改善するために何かできないものか?という点について、詳しくお話をしていきましょう。

ほうれい線が出来る原因とは

1番大きな原因として考えられるのは、表情筋が衰えてくることによってほうれい線が目立ってくるというものです。実はほうれい線は子供にも出るものですから、誰にでもあるのですが、加齢と共にそのシワの深さがどんどん深くなっていき目立っていくのです。

表情筋は加齢と共に衰えていきますので、大きな原因は加齢・表情筋が使われていないという所にあります。

ほうれい線をケアするには

ほうれい線は表情筋を鍛えることでケア出来ますので、まずは表情筋のケアを考えていきましょう。1番効果的だとされているのは、口の中でべろを回して行う体操です。

どうやって行うのかというと、口の中でべろをぐるぐる回すだけ!とても簡単な体操なのです。ほうれい線がある頬の内側をべろで押しながら伸ばす感覚で体操をしていきます。これだけでほうれい線をケア出来ると評判になっています。

ちなみにこの体操をすると口の中でべろの刺激となって、たくさん唾液が出るようになるので口臭予防にも効果があります。さらに口周りを動かしているので小顔効果もあると評判です。簡単にできるのでチャレンジしてみましょう。

かっさでマッサージも効果的

その他には、「かっさ」と呼ばれるマッサージアイテムでほうれい線周りをマッサージしてあげるのが効果的です。

リフトアップをイメージしながら頬のたるみを改善するようにしてマッサージしていくと、ほうれい線も目立たなくなっていきます。まずは自分で簡単にできるマッサージや体操などで、ほうれい線のケアをしていくのが良いでしょう。

Posted in 美容法

関連記事