【超重要】美肌を左右するクレンジング選びのポイント

毎日のクレンジングに気を遣っていますか?

クレンジングというのは、メイクをしっかりと落とす事が前提となりますが、一方で肌に刺激を与えてしまうので選びかたにもポイントがあると言えます。

クレンジングには、様々なタイプがありますのでそれぞれに長所や短所が存在します。エイジングケアをするのであれば、クレンジング選びにもこだわっていきたいものです。

肌を若返らせる為に必要なクレンジングというのは、一体どういったものなのか?注意すべき点や、クレンジングの使い方などをご紹介しましょう。

クレンジングの注意点

洗浄力の強さ

クレンジングはメイクを落とすために使うものなので、それなりに洗浄力の強いものが多くなっています。ただし、クレンジングの洗浄力によって必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。

お肌というのは、メイク汚れや余分な皮脂は取り除くことが理想ですが、潤いの為に必要な皮脂まで取り除いてはいけません。ですから、クレンジングの洗浄力には注意をしていく必要があるのです。

肌への刺激

多くのクレンジングには「合成界面活性剤」という成分が含まれています。クレンジングは油と水を合わせて製造されているのですが、油と水がしっかりと混ざるように用いられるのが、合成界面活性剤なのです。

天然由来の界面活性剤もありますが、化学物質で出来た合成界面活性剤は肌に大きな刺激を与えてしまいます。ちなみに、合成界面活性剤が多く含まれている場合というのは、クレンジングの洗浄力も強力だという事です。

肌を刺激すると、バリア機能が低下してしまい保湿も出来ない状態となり、乾燥肌を招きます。その結果、シミやシワが出来やすくなり老化を促進してしまうことになります。

うまくクレンジングをする方法

洗浄力や刺激に気を付けなければいけない一方で、メイクがしっかりと落ちなければ肌に汚れが溜まってしまい、シミやシワの原因となってしまいます。つまり、メイクはキチンと落としたいけれど、洗浄力や刺激には注意したいという事です。

どちらもうまく取りいれるには、どうしたらいいのか?というと・・・

クレンジングをうまく使い分けるのがお勧めです!例えば、アイメイクは皆さんガッツリ濃いめで仕上げることが多いと思いますが、その他は割と薄めという場合があります。アイメイクには、ポイント使いが出来るリムーバーなどでしっかりと落としてあげます。薄めにしている部位は、洗浄力がそこまで高くないクレンジングで落としてあげます。

クレンジングを使い分けることができれば、肌に与える刺激も軽減する事ができます。メイクの濃さによって、クレンジングの種類などを変えることが出来れば、肌を老化させないようにケアする事も可能なのです。

覚えておきたいクレンジングの種類

肌に優しく洗浄力が弱いタイプ

ミルククレンジングというタイプのクレンジング剤がありますが、洗浄力が弱いので肌への刺激はとても軽いものとなっています。薄いメイクを落とすときには、ミルククレンジングで十分です!

濃いメイクにミルククレンジングを使うと、何度も洗う羽目になるコトもありますし、強く擦らなければ落ちない事がありますので、気を付けましょう。

肌への刺激も洗浄力も中間的タイプ

ジェルやクリームタイプのクレンジング剤です。ミルククレンジングよりは、洗浄力がありますが肌への刺激も多少強くなってしまいます。メイクになじませると乳化するので、優しくメイクを絡めて除去する事ができます。

しっかりと乳化できていない場合には、メイクが残ってしまうこともありますし、洗い流し時間も多くなってしまいますので気を付けましょう。

肌への刺激強めで洗浄力も強いタイプ

オイルクレンジングやふき取りタイプのクレンジングは、肌への刺激がかなり強くなっています。その代り、洗浄力も強いのであっという間にメイクが落ちる利点もあります。

肌を乾燥させやすい成分が多く含まれており、クレンジングの時に摩擦が強く生じることがあるので、毎日使うメインのクレンジングにはお勧めできません。

濃いメイクをしている部位などの、部分的なクレンジングに使う分には活用できるでしょう。

Posted in 美容法

関連記事